1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 消防>
  4. 消防団>
  5. 消防団の活動

消防団

消防団の活動

消防団員とは?

 消防団は、地域に住んでいるサラリーマンや自営業者達の有志で構成され、団員は、平常時は各自の職業に従事しているものの、火災や風水害・大規模災害が起こると招集され、消防署と連携して消防活動を行います。特に大規模災害発生時は、地域防災活動のリーダーとしての役割を担っており、身分は非常勤の特別職の地方公務員となるものです。

消防団の活動は?

 消防団の活動は、消火活動のみならず地域における消防防災のリーダーとして平常時・非常時を問わず、その地域に密着し、住民の安心と安全を守るという重要な役割を担っているものです。

平常時の活動

  • 火災予防活動
  • 警備・警戒活動
  • 教養・各種訓練の実施
  • 機械器具・地水利の点検整備

非常時の活動

  • 火災活動(消火活動後の警戒含む)
  • 地震災害活動(人命救助含む)
  • 風水害活動(予防・人命救助・応急措置活動含む)
  • 地震・風水害時の避難誘導
  • その他の災害活動

消防団に期待される役割は?

 消防団に期待される役割は、地域防災の面から見ますと、阪神大震災(平成7年1月)や東日本大震災(平成23年3月)、平成28年4月に発生した熊本地震、また今後起こりうるであろう東南海地震など、安全・安心に対する国民の意識は高まっており、多様なニーズが生まれてきています。それと同時に、高齢化の進展に伴い、災害弱者のきめ細やかな配慮の要請など、平常時においても新たなニーズも生じてきています。その中で、平成26年11月に発生した長野県北部地震では、地域のコミュニティ作りが十分になされていたから負傷者数名の被害で済んだと言われています。大規模災害発生時には、地域に密着し、即時対応能力を擁する消防団は不可欠であり、消防署と消防団との連携が必要であります。また、住民の災害対応能力を高めるためにも地域のリーダーである消防団が大きな役割を果たしうるところであります。

 その様なことから、平成25年12月に「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」が施行され、この法律の目的は、一人一人の生命を守るにはどうしたらいいのか、そのやり方を明らかにし、みんなで実行していこうということです。その実行には、地元の中心となって地域の方々と一緒に活動するのが消防団であります。

 

 平成29年度大阪府消防表彰式の様子

『29表彰式全体』の画像  『30表彰式全員』の画像  
日本消防協会から豊能町消防団に竿頭綬が授与される  

                              

豊能地区支部総合訓練大会

『29支部大会行進』の画像 『29支部大会』の画像  
      行進する3市2町の操法選手隊            ポンプ操法を行う豊能町の選手  

                                                        

秋の総合訓練の様子  

『29総合訓示』の画像  『29秋の訓練 1』の画像  
       参加団員整列(団長訓示)              消防ポンプの取扱い説明を受ける団員  

 

 『29放水訓練』の画像 『29安全管理2』の画像  
          放水訓練の様子                  安全管理を受講する団員                  

 

水防訓練の様子 

『土のう作り』の画像 『水防訓練』の画像  
        土のう作りを行う団員                 積み土のう工法を学ぶ団員  

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは、総務課(消防) です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年2月23日
  • 【更新日】2018年6月12日
スマートフォン用ページで見る