2022年10月29日(土)宝くじ文化公演『大谷康子&テレマン室内オーケストラコンサート』について

2022.07.09ワイマールデュオコンサート

宝くじクーちゃん
【日 時】
2022年10月29日(土)開演午後2時~(開場午後1時30分)

【場 所】ユーベルホール

【入場料】全席指定・一般2,000円/学生(高校生以下)1,000円
     宝くじ助成により、特別料金になっています。
     未就学児の同伴・入場はご遠慮ください。
     ※当日券(各500円増)は前売で完売の場合、販売はありません。
     チケットは8月22日(月)10:00~ユーベルホール窓口販売
                              13:00~電話予約(残席がある場合のみ)

【出 演】大谷康子(ヴァイオリン)
     延原武春(指揮)/テレマン室内オーケストラ

【出演者プロフィール】
 〈大谷康子/ヴァイオリン
 2020年にデビュー45周年を迎え、深く温かい演奏は「歌うヴァイオリン」と評される。
 名古屋出身。東京藝術大学、同大学院博士課程修了。これまでソロ活動はもとより、
 モスクワ・フィル、スロヴァキア
フィル等、国内外の著名なオーケストラと多数共演。
 1公演で4曲のヴァイオリンコンチェルトを1日2公演行うという前代未聞の快挙を達成し
 話題となった。CDは、ベストセラー「椿姫ファンタジー(SONY)や、 ベルリンでの録音
 による「
Rシュトラウス/ベートーヴェン・ソナタNo5(ピアノ:イタマール・ゴラン)」
  (SONY)等、多数リリース。著書に「ヴァイオリニスト今日も走る!」(KADOKAWA)がある。
 BSテレビ東京(毎週土曜朝8時より放送)「おんがく交差点」では春風亭小朝と司会・演奏を
   務め、八面六臂の活躍をしている。

 〈延原武春/指揮〉
 18世紀音楽を専門とする指揮者。1963年にテレマン室内オーケストラを創設。
 1982年、初演当時の編成とべートーヴェンの指定したテンポで「第九」を演奏(世界初)。
 2008年にはベートーヴェンの交響曲全曲を、作曲者指定のテンポとクラシカル楽器を便用
 して指揮。この公演が引き金となってドイツ連邦共和国より「功労勲章功労十字小綬章」が
 贈られた。2010年から3年をかけ大阪フィルハーモニー交響楽団を指揮。ベートーヴェンの
 交饗曲全曲を好演し話題となった。

 〈テレマン室内オーケストラ〉
 1963年に指揮者・延原武春が結成。延原の指揮のもとテレマン作曲「マタイ受難曲」、
 「ヨハネ受難曲」等数々作品を本邦初演。「第17回サントリー音楽賞」を受賞 した日本初の
 プロオーケストラでもある。そのほかの主な 受賞歴は、「大阪文化祭賞」、「音楽クリティック
 クラブ 賞」、「大阪府民劇場賞」、「文化庁芸術祭優秀賞」(関西初)等。2012年にはドイツより
   バロック・ヴァイオリン奏者ウッラ・ブンディース氏を首席客演コンサートマスターとして
   迎えた。

 ■主催:豊能町/(一財)自治総合センター

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはユーベルホールです。

東ときわ台1-2-5 〒563-0103 大阪府豊能郡豊能町東ときわ台1-2-5

電話番号:072-738-7700

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?