新型コロナウイルス感染症の流行に伴う後期高齢者医療保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、下記の要件を満たす場合、申請により保険料の減免が受けられる場合があります。

 

(1) 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者(世帯主)が死亡、または重篤な傷病を負った世帯の方

 →対象保険料の全額を免除します。


(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者(世帯主)の収入減少が見込まれる世帯の方

→対象保険料の一部を減額します。

 

(2)の要件
被保険者の世帯の主たる生計維持者(世帯主)の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入)の減少が見込まれ、次の1から3の全てに該当する場合

1.令和4年中の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が令和3年中の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。

2.令和3年中の合計所得額が1,000 万円以下であること。

3.減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の令和3年中の所得の合計額が400万円以下であること。

※令和3年中の所得が未申告の場合は減免を受けることができません。

※減少が見込まれる収入についての令和3年中の所得が0の場合、減免は適用されません。

 

減免額の計算方法

減免額は、減免対象保険料額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額です。

◇減免対象保険料額(A×B/C)

 A:世帯の被保険者の保険料額

 B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等に係る令和3年中の所得額

 C:被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及びその世帯に属する全ての被保険者につき算定した令和3年中の合計所得金額

◇減免割合表

令和3年中の合計所得金額

減免割合(D)

300万円以下

100%

400万円以下

80%

550万円以下

60%

750万円以下

40%

1000万円以下

20%

※ただし、事業の廃止または失業の場合、令和3年中の合計所得金額によらず減免割合は100%になります。

 

減免の対象となる保険料

令和4年度の後期高齢者医療保険料で、納期限が令和4年4月~令和5年3月のもの

(申請期限 令和5年3月31日まで)

 

申請の方法

申請書に下記の書類を添えて、役場本庁保険課へ提出してください。

申請書および収入申告書は、下記の関連書類よりダウンロードいただくか、保険課へお問い合わせください。

 

【申請に必要な添付書類】

(1) の場合⇒ 新型コロナウイルスに罹患したことがわかる書類(死亡診断書、医師の診断書等)

 

(2)の場合⇒ 1 収入申告書

         2 廃業届、離職票、退職証明書、青色申告決算書、収支内訳書、帳簿、源泉徴収票、給与明細書 等

 

【郵送の場合の送付先】

〒563-0292 豊能町余野414番地の1 豊能町役場 保健福祉部 保険課

 

大阪府後期高齢者医療広域連合(外部リンク)

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険課です。

本庁舎1階 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町余野414番地の1

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?