健康づくり

自宅でできる「とよの体操」で体を動かしましょう

「動かない」(生活が不活発な)状態が続くことにより、心身の機能が低下して「動けなくなる」ことが懸念されます。
また、転倒などを予防するためにも、日頃からの運動が大切です。
自宅でできる「とよの体操」で体を動かしましょう。

 この「とよの健康体操」は、豊能町と武庫川女子大学との包括連携協定による「健康まちづくり事業」の取り組みから生まれました。高齢者がこれからも元気で楽しく豊能町で暮らしていけるように、2年間にわたって、武庫川女子大学の、まちづくり、健康、栄養、医療、介護などの専門家チームと、住民の方々と一緒に健康長寿の延伸を目指す取り組みを進めてきました。初年度は、モデル地区を選定し、学生が作成した「生き生き元気手帳」を使用して継続して運動ができる仕組みを構築したり、各種セミナーを開催し、食に対する意識改善を図る取り組み等を継続して行いました。2年目は、さらなる運動の継続性と大学との関わりから今後につながるものを模索した結果、学生が「とよの健康体操」を考案し、地域に広げていく取り組みを行いました。こうして生まれた「とよの健康体操」は、とよのまつりでお披露目され、今では、毎朝8時50分に保健福祉センターに地域の方々が集まり体操をしています。体操の内容は、どなたでも気軽にできるよう、座位と立位の2パターンがあります。自宅で行えるプログラムを中心に転倒を防止する足腰を鍛えやすい工夫がたくさん盛り込まれています。初めての方でもすぐにできますので、画面をみながら、真似するように身体を動かしてください。それでは、はじめましょう。

とよの体操~座位編~

 

とよの体操~立位編~

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは、健康増進課です。

保健福祉センター 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町東ときわ台1-2-6

電話番号:072-738-3813

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?