○豊能町職員身元保証規程
昭和52年10月21日規程第2号
改正
平成19年3月30日訓令第1号
豊能町職員身元保証規程
第1条 豊能町職員の身元保証については、この規程の定めるところによる。
第2条 前条の職員とは、町長の任命に係る職員をいう。ただし、次に掲げる者を除く。
(1) 特別職の職にある者
(2) 常時勤務を要しない者
(3) 6ケ月未満の期限を付して臨時に雇傭される者
(4) 日々雇入れられる者
第3条 新たに職員として町に採用された者は、次に掲げる資格条件を備えた身元保証人(以下「保証人」という。)2人を立て、別記様式の身元保証書を7日以内に町長に提出しなければならない。
(1) 町内に居住し独立の生計を営む者で町長が適当と認める者。ただし、町内に適当な保証人がない場合は、隣接市町村又は府下に居住する者でも差し支えない。
(2) 破産者、禁治産者又は準禁治産者でない者
2 前項に規定する保証人が死亡し又は前項に掲げる資格を欠くに至つたときは、直ちにこれに代る適当な保証人を立てなければならない。
3 保証人の本籍、住所、職業その他身上に異動があつたときは、直ちに町長に届け出なければならない。
4 町長は、第1項に規定する事項についてその認定上必要があるときは、必要とする書類の提示を求めることができる。
第4条 町長は必要があると認めたときは、前条第1項の保証人の変更を命じることがある。
第5条 身元保証契約の期間は、契約締結の日から5年とする。ただし、契約期限満了したときは、町長は更に5年の期限をもつてこれを更新させることがある。
附 則
この規程は、公布の日から施行する。
附 則(平成19年3月30日訓令第1号)
この規程は、平成19年4月1日から施行する。
様式
様式