1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 耕作していない(できない)農地をお貸しください =農地中間管理事業のご案内=

住民の方へ

耕作していない(できない)農地をお貸しください =農地中間管理事業のご案内=

ここ数年、豊能町では新規就農者あるいは新規就農希望者が増えており、営農できる農地を探しておられます

耕作がしんどい、後継者がいない等お悩みのときは、農地を貸すことも検討してみましょう。

『新規就農希望者』の画像

 

大阪府みどり公社なら安心して貸し出せます

公的機関が仲介するので安心
 公社が貸し手から一旦農地を借上げ、意欲ある担い手に貸し出します
 貸し手、借り手の調整は公社が行います
 問題が起きたときも、間に入ってくれるので安心です

★貸出期間は5年から可能
 農地貸借の期間は原則10年以上ですが、協議により5年から貸し出し可能です

必ず農地は戻ります
 貸付期間が終了すれば確実に戻ってきます
 貸し手、借り手が望めば更新も可能です

★手数料は不要


荒廃農地になってしまうと・・・
災害時のリスクだけでなく病害虫や雑草、アライグマなどの外来動植の温床となり周辺環境の悪化のみならずゴミの不法投棄も懸念されます

 

農地中間管理事業とは・・・
農地中間管理機構((一財)大阪府みどり公社)が、農地の貸付けを希望する貸し手から農地を借り受け、農業経営の効率化や規模拡大を希望する借り手(担い手農家、企業等)に貸し付ける制度です
 *耕作ができる状態の農地でなければ、みどり公社に貸すことはできません
 *また2年間借り手が無い場合は借受が解除されます

 大阪府みどり公社HP・農地中間管理機構について(リンク)(新しいウインドウで開きます)


とよの就農支援塾卒業生が農地を探しています

豊能町では平成29年度より農業の活性化と遊休農地の解消を目的に、農業の担い手を育成する「とよの就農支援塾」を開講し、5年目を迎えました
卒業生の中には町内で農地を借り受け、農業に従事されている方も出てきており、志野の里等に出荷されています
一方、塾を卒業された方で、意欲はあるものの未だ農地が見つからない方もおられます
耕作をしていない(できない)農地がございましたら、ぜひお貸しください

*現状、耕作が難しい(木が生えている等)農地でも、借りたいと希望される方が稀におられます
 この場合は、みどり公社は介さず当事者間(相対)での貸し借りになりますが、そのような農地も一度ご相談ください

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは、農林商工課です。

本庁舎3階 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町余野414番地の1

電話番号:072-739-3424

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2021年6月10日
  • 【更新日】2021年6月11日
スマートフォン用ページで見る