1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 健康・保健>
  4. 口腔ケア>
  5. 口腔ケアでお口の健康 

口腔ケア

口腔ケアでお口の健康 

新型コロナ第3波はいつまで続くのか心配が尽きませんが、

出来ることから気をつけていきましょう‼

 『新しい生活様式実践』の画像

                       

「新しい生活様式」出典:厚生労働省「「新しい生活様式」の実践例  日常生活を営む上での基本的生活様式

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。(外部サイト) ひき続き感染拡大防止に向けて頑張っていきましょう‼  

 

感染拡大を予防する「新しい生活様式」日常生活の中でかなり定着してきたと思いますが 

歯磨きをする場所の換気・3密を避けるよう歯磨きのタイミングをずらすなどの

工夫して予防していきましょう!!  

 

先月、歯磨きが原因と思われるクラスター(コロナ)が発生したとニュースになっていたことがありました。

歯磨きが直接の原因かはわからないですが、学校や職場は、マスクを外して複数人が同じ洗面所を共有し、

同じ時間に人が集まって歯みがきをすると思いますので、注意が必要です。

 

~日ごろの歯磨きで気をつけること~

1.他人の唾液に触ったり、飛沫を吸い込んだりしないように!!注意が大事です『かんき』の画像

 

感染予防のため、職場や学校での歯磨き時の注意点として

(1)洗面所ではソーシャルディスタンスを保ち、密にならないようタイミングをずらす

(2)歯磨きをする場所を換気する

(3)歯磨き中は飛沫(ひまつ)を防ぐため私語を控える

(4)歯磨き中は上下唇を結び、前歯の裏を磨くときは飛沫しないように口を手で覆って磨く

(5)うがいは10ミリリットル程の少量の水で1~2回、水が跳ね返らないように低い位置からゆっくりはき出す

 日本学校歯科医会より、学校での歯みがき実施のためのチェックリストがホームページに掲載されていますので、学校だけでなく、参考になればと思いますので紹介します。日本学校歯科医会のホームページ→https://www.nichigakushi.or.jp/pdf/checklist.pdf (外部サイト)

 

 

 2.歯ブラシの正しいお手入れ方法も大事です『歯ブラシ・コップ』の画像

 

(1)使った後の歯ブラシは、植毛部に食べかすなど残ったままにならない様に、

        流水をかけながらしっかり揉み洗いをしましょう

(2)濡れたままにしていると、雑菌が繁殖してしまいますので、使用後は清潔な

     タオルやペーパーで水分をふき取り、風通しの良いところで乾燥させましょう

(3)濡れたままキャップをするのは、雑菌の繁殖だけでなく、カビの原因になってしまいます

     キャップは乾燥してからにしましょう

(4)歯ブラシの毛先が接触するのは、1つの歯ブラシでみんなが磨いているのと同じことになるので、

     家族間でも、歯ブラシ同士が接触しないように保管しましょう

(5)使用する期間が長ければ、毛先の消耗だけでなく、菌も多くなりますので1か月に1回は歯ブラシを交換する

    ようにしましょう

(6)歯みがき粉も自分専用の物を使用しましょう

 

 

~お家で守るお口の健康~

    日々の歯磨き・歯ブラシのお手入れで健康を守りましょう!! 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは、健康増進課です。

保健福祉センター 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町東ときわ台1-2-6

電話番号:072-738-3813

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2021年1月5日
  • 【更新日】2021年1月13日
スマートフォン用ページで見る