1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 消費生活>
  4. プロパンガス会社を変更するときは慎重に

消費生活

プロパンガス会社を変更するときは慎重に

 

(事例1)『332号』の画像

 一人暮らしの父の家にプロパンガス業者が来訪し、ガス契約のアンケートを求められた。

 また、「今のガス料金より安くなる」としつこく契約を勧められ、契約書に署名するまで帰ってもらえそうもなかったので、断りきれず仕方なく署名・捺印してしまったという。

  (当事者:80歳代 男性)

 

(事例2)

 4年前に訪問販売で「料金が安くなる」と、プロパンガスの切替えを勧められて契約した。

 しかし、半年後に単価と基本料金を値上げされ、その後も値上げが続き、契約時より随分高くなってしまった

 納得できない。

  (当事者:60歳代 女性)

 

(アドバイス)

● 強引に契約を勧められても、必要が無ければ、きっぱりと「契約するつもりは

 ありません。」と断りましょう。

● 「今より安くなる」と勧誘されても、その料金がいつまでも続くとは限りません。

 契約する場合は料金などの契約内容をよく確認し、不明な点は事業者に確認しましょう。

● 契約先を変更することで、元の契約先との間で解約料等が発生する場合もあります。

 契約書などで解約条件等を確認しておきましょう。

● 訪問販売等ではクーリング・オフできる場合があります。

  不安に思ったら、

  豊能町消費生活コーナー(072-739-0001(内線255)にご相談ください。

  ※この記事は、独立行政法人国民生活センター 見守り新鮮情報第332号より引用しています。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは、農林商工課です。

本庁舎3階 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町余野414番地の1

電話番号:072-739-3424

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2019年4月9日
  • 【更新日】2019年4月11日
スマートフォン用ページで見る