1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 消費生活>
  4. 「保険金が使える・行政から補助金が出る」という住宅修理サービスでのトラブルにご注意ください!

消費生活

「保険金が使える・行政から補助金が出る」という住宅修理サービスでのトラブルにご注意ください!

【事例1】 自然災害による住宅損害の調査にくると連絡があり、保険会社と思って、自宅に来てもらった。自宅に来た業者が「保険申請を代わりにやってあげる」と言われたので、契約書にサインをし、損害保険の証書を見せた。その書類には、保険が下りた場合、35%の金額を申請代行手数料として支払うと記載していた。業者はわずかな外壁のヒビの写真を撮って帰ったが、大丈夫だろうか。

消費者庁イラスト集より 

『点検商法イラスト』の画像

 【事例2】 ある業者から「昨年の台風被害で国から補助金が出ることが決定した。この機会に不具合箇所をなおしませんか?見積もりしてあげますよ」と電話があった。本当だろうか?

 

 <アドバイス> 【事例1】の相談は、事業者にクーリング・オフ通告を出し、契約を解除しましょう。

 自然災害で住宅が損害を受けたら、まずは自分で損害保険会社か代理店に連絡し、保険支払いの対象となるか、申請はどのようにするか等を確認しましょう。

 また、工事を依頼する際は複数の業者から見積もりを取るとよいでしょう。                                                    

 うその理由で保険金を申請するように勧められた場合については、下記ホットラインまで、ご相談ください。

  (一般)日本損害保険協会 保険金不正請求ホットライン 専用フリーダイヤル:0120-271-824

  訪問販売で契約した保険金請求代行業務や住宅修理等のリフォーム工事は、契約内容を明らかにする書面を受け取った日を含め、8日以内であればクーリング・オフ(一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる制度)が可能です。

 不審な勧誘があった場合、トラブルに遭った場合などは、

  豊能町消費生活コーナー:072-739-0001 までご相談ください。

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは、農林商工課です。

本庁舎3階 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町余野414番地の1

電話番号:072-739-3424

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2019年2月13日
  • 【更新日】2019年2月13日
スマートフォン用ページで見る