1. ホーム>
  2. 町政情報>
  3. 庁舎・施設>
  4. ふれあい文化センター>
  5. 事業の様子>
  6. 【まとめ】味噌つくりワークショップについて

事業の様子

【まとめ】味噌つくりワークショップについて

味噌つくりワークショップ【まとめ】

 2019.1.25 ~世界でたった一つのわたしのお味噌をつくる~

 

 

和気あいあいと盛り上がった当日の様子を。。。

           写真とともにご紹介します!

『味噌01』の画像

 

 

『味噌つくり02』の画像

まずはやわらかく煮た大豆をつぶす作業から。

最初にして最大の重労働!

出来るだけ滑らかになるよう

指の感覚を頼りに、つぶし残しをチェックします。

『味噌つくり01』の画像

 『味噌つくり04』の画像

麹と塩を合わせます。

量が多いのでムラのないよう丁寧になじませて。

さらに大豆と一緒にし、混ぜ合わせていきます。

”あめ(大豆のゆで汁)”も使って硬さの微調整。

先生の経験がものを言う場面です。

 

『味噌つくり06』の画像 

 『味噌つくり08』の画像

そして容器詰め。

空気が入らないようこぶし大に丸めたものを

グッと押し付けるようにして詰めていきます。 

 

最後にしっかりと袋の口を閉めて、ワークショップの工程は終了。

自宅で6か月~保管し、出来上がりを待つことになります。 

 

『味噌つくり07』の画像

 


\参加者アンケートより/

楽しく参加させていただきました。ありがとうございました。

お味噌についてのミニ知識も増えてとても楽しかったです。

わきあいあい、初めての味噌作り楽しかったです。出来上がりがとても楽しみです。

以前から味噌作りをしたいと思っていました。いろいろコツなどがわかり大変良かったです。


 

 

発酵食品であるお味噌は生き物です。

そのためレシピは同じでも、各家庭の保管状況や地域ごとの気候などによって仕上がる味はさまざま。

まさにそれぞれの家庭で育った”たった1つの私のお味噌”と言えるのではないでしょうか。

最後に、今回のワークショップを開催するにあたりご協力いただいた

切畑農村婦人の家での実際の味噌づくりの様子をご紹介します。

 

 『味噌05』の画像 『味噌02』の画像

『味噌03』の画像 『味噌04』の画像

『味噌07』の画像 『味噌06』の画像

 (撮影:2018年11月)

 

ご参加、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは、ふれあい文化センターです。

〒563-0218 大阪府豊能郡豊能町野間口322番地の1

電話番号:072ー739ー0370

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2019年2月15日
  • 【更新日】2019年3月4日
スマートフォン用ページで見る