1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 健康・保健>
  4. レッツ!チャレンジ離乳食

健康・保健

レッツ!チャレンジ離乳食

8月10日(金)晴  

豊能町保健福祉センターにて数年ぶりに離乳食に関する教室「レッツ!チャレンジ離乳食」を開催いたしました♫

5名のママが参加してくださいました。

第1子で離乳食というものが全く初めてのママ、第2子で久しぶりの離乳食のママ、離乳食後期に入り進め方に迷い始めたママなど、いろいろな立場のママがご参加くださいました^^

 

👇まずは、離乳食とは?を理解するためのお話から…

『離乳食講話1』の画像

「離乳食とは、固形物が食べられるようになるための練習期間です」

赤ちゃんが母乳やミルクを飲むときの口の動きと固形物を噛んで食べるときの口の動きは全く異なります。赤ちゃんの成長に合わせて食事の形状や調理法を変えて、段階を追って固形物を食べる練習をしていくのです^^

お話のあとは、初期(5~6ヵ月 ゴックン期)・中期(7~8か月 モグモグ期)・後期(9~11か月 カミカミ期)・完了期(1~1.6才 パクパク期)そえぞれの離乳食を試食してもらいました。

 

👇初期から完了期までのおかゆの形状変化

『おかゆ』の画像

初期、赤ちゃんが乗り気でないなら、急いで進める必要はありません。ちょっと、ひと休みして母乳やミルクをしっかり飲ませてあげてください。そして、家族の楽しい食卓を見せてあげてくださいね^^

 

👇たんぱく質のおがず、野菜のおかずも初期から完了期まで変化を体感してもらいました。

『離乳1』の画像

中期(7~8か月モグモグ期)に入ると、ちょっとの工夫で家族の料理からの取り分けができるようになりママの手間も少し減りますね!!

 

👇2才のおねえちゃん、なんだか懐かしそう~💛

『試食』の画像

 

👇各時期の特徴の説明を聞きながら、赤ちゃんの気持ちになって真剣に試食中のママたち💛『離乳食試食2』の画像  『離乳食試食5』の画像

 『離乳食試食3』の画像

調味料は一切使用していませんが、甘い!旨味がある!などなどママたちの驚きの声があがっていました(^^♪

お口の動きの発達に合わせて、食材の固さ大きさを少しずつ変えていきます。

お口の動きの発達は、豊能町の歯科衛生士が教えてくれます!!「歯磨きはいつから?」などの質問にも丁寧に答えてくれます^^

豊能町の保健師も同席していますので、赤ちゃんの予防接種、生活全般についての相談もしていただけます。

何より、月齢の近い赤ちゃんを持つママ同士の素敵な情報交換に場になっています♫

 

次回の「レッツ♪チャレンジ離乳食」は、11月30日(金)10:00~12:00

ご参加お待ちしております!『mamababy』の画像

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは、健康増進課です。

保健福祉センター 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町東ときわ台1-2-6

電話番号:072-738-3813

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2018年8月20日
  • 【更新日】2018年8月22日
スマートフォン用ページで見る