1. ホーム>
  2. 町政情報>
  3. 地域でつくる、トヨノノミライ>
  4. トヨノノドリーム>
  5. 「トヨノノドリーム」募集スタート!

トヨノノドリーム

「トヨノノドリーム」募集スタート!

 

 地域の方々による魅力創造や課題解決を支援するあたらしいしくみ「トヨノノドリーム」の募集がスタートしました。

 「トヨノノドリーム」では、豊能町をもっと楽しくするためにチャレンジをしたいと思っている方々のアイデアを募集。公開プレゼンテーション審査を経て支援対象「ドリーム」を決定し、その「ドリーム」を実現するための多面的な支援を行います。

 (フライヤーはこちら)(新しいウインドウで開きます)

 

「トヨノ」でしかできない「ドリーム」

 

『west』の画像 

 

 日本全国で進む人口減少。豊能町も例外ではありません。特徴的なのはそのスピード。全国や大阪府の約5倍のスピードで進んでいます。高齢化も急速に進んでおり、かつてニュータウンの開発とともに人口が急激に増え、その子ども世代が大人になって転出し、親世代が高齢化している、といったまちのすがたが見えます。都心から遠くにある郊外住宅地、しかも山間部で雇用を生み出す産業がないといった状況に加え、このまちが大きくなっていった時とは社会全体のすがたが様変わりしています。まちのあり方、暮らし方、そして人々のまちへのかかわり方がこれまでどおりでは、その存続すら難しいのではないか、という考えは大げさではないと言えます。

 でも、見方をかえるとどうでしょうか。このような状況だからこそ、あたらしい手法で他に例を見ない課題を解決していくというソーシャルイノベーションを、地域ぐるみで起こしていくということが、豊能町ならできるのではないか。しかも、このまちには豊かな自然や、豊かな人材、小さいからこそ生まれやすいひとのつながりなど、強みはまだまだたくさんあります。知名度の低さすら、伸びしろを楽しむ余地があるともいえるのです。

 この豊かな魅力を磨きつつ、あたらしい社会のしくみ、あたらしい暮らし方、あたらしいテクノロジーなどを取り入れて、豊能町をもっと楽しくすることができる新たな魅力を創造していこう、そんな夢を描いて、実現していこう。そして、その存続をかけて次の豊能町をつくっていこう。それが「トヨノ」でしかできない「ドリーム」なのです。

 

革新的なまちづくり

 

『4season』の画像

 

 トヨノノドリームはこれまでにないあたらしいまちづくりの仕組みでもあります。

 「まちを元気にするアイデアはあるのにどうすればいいんだろう?」「いろいろ活動しているけれどもどんなふうに発展させていこう?」いきなり、地域にかかわっていこうとしても、わからないことがたくさんあるのではないでしょうか。トヨノノドリームでは、豊能町でかなえたい夢がある方や新たなことにチャレンジしたいと思っている皆さんの、大きなアイデアから小さなアイデアまで実行に移すための支援を行います。これまでの”助成金”といった支援の形ではなく、夢を実現するためのアドバイス、仲間づくり、情報発信など様々なかたちで皆様の夢を支援します。

 その支援までのプロセスも革新的。夢といってもいろいろあるなかで、”行政”がどこまで応援できるのか。そこはしっかり、(しかし)面白く審査を行います。トヨノノドリームのために集まっていただく、こだわりをもった、まちづくりのプロたちが審査員。審査会では、皆さんには審査員の前でその夢を語っていただきます。さらに審査会は公開イベントとして開催。その緊張感も含めてプロセスを楽しみましょう!

 

トヨノノレポーターが強い味方

 

『『portal』の画像』の画像 

 「せっかくいろいろ活動しても、なかなか情報が伝わらない。」「当事者がSNSで発信してもね・・・」

 トヨノノドリームではそんな心配はありません。みなさんのドリームを立ち上がり段階から、「トヨノノレポーター」が、取材、発信します。地域内外の51名からなるトヨノノレポーターは、豊能町の魅力発信のために計8回からなる講座を受講した豊能町の公認レポーター。専用の魅力発信サイト「トヨノノPORTAL」でドリームのあれこれ(時には失敗も?)を魅力的に発信するために、連携を進めていきます。みなさんの夢はそのまま豊能町のシティプロモーションになる、そんな仕組みになっています。

 

今年の応募枠は、4つ

 

 町では地域にどのような夢のカテゴリー(分野)があるのかを知るため、「トヨノノドリームプレワークショップ」を開催(平成30年2月)し、参加いただいた方々に様々な夢を語っていただきました。その夢やアイデアを大きく分けると、「自然」「共同参画」「情報」「空き家」「子育て」「農」「交流」「イベント」「食」「健康・スポーツ」「学び」「仕事」の12のカテゴリーとなりました。

 平成30年度のトヨノノドリームでは、自由に夢を描く「自由提案」のほか、このカテゴリーを参考に「空き家等の多目的利活用」「女性活躍の舞台となるマルシェ」「図書館活用による地域活性化」の合計4つの項目を募集します。

 

募集項目

自由提案枠

空き家等の多目的利活用枠

女性活躍の舞台となるマルシェ枠

図書館活用による地域活性化枠

事業予算総額

300万円

600万円

330万円

支援の種類

(1)アドバイス支援

夢の実現に向けた、企画内容のブラッシュアップ、運営計画づくり、ブランディング検討、事業のPRなど、初めて経験する方も夢を実現できるよう丁寧にアドバイスを行います。

 

(2)人材コーディネート支援

専門的な知識や技術が必要な夢を応援します。事務局が窓口となり、あなたの夢にぴったり合う多種多様なプロを紹介します。

 

(3)マッチング支援

新たな出会いの機会を提供し、夢を実現するための仲間づくりを支援します。1人では実現できない夢や沢山の人数が必要な夢も応募者同士がそれぞれの得意分野を活かしながら叶えられるようお手伝いします。

 

 

(4)組織づくり支援

夢の実現に関わる個人、団体、機関などで構成される組織づくりを支援します。

 

 

(5)情報発信の支援

トヨノノレポーターへの優先的取材依頼/トヨノノレポーター公式ポータルサイト、公式インスタグラムでの告知、紹介等/豊能町広報媒体での告知、紹介等

(6)実施費用等の支援

イベントの備品や広報活動、作品制作などに掛かる実施費用の支援を行います。

(100万円)

(400万円)

(30万円)

 

(7)発表・レクチャーの場の支援

皆さんの専門知識や作品を多くに人に伝える、共有するための場所を提供します。優先的に場所を確保することが出来、長期的な展示や連続講座の開催にも対応できます。

 

   

 募集項目ごとに支援の条件があります。詳細は、次の要項をご覧ください。

   自由提案枠(新しいウインドウで開きます)
   空き家等の多目的利活用枠(新しいウインドウで開きます)
   女性活躍の舞台となるマルシェ枠(新しいウインドウで開きます)
   図書館活用による地域活性化枠(新しいウインドウで開きます)
   提出書類様式(各枠共通)(新しいウインドウで開きます)

 

  

  

 

ドリーム実現までの流れ

 

 4月16日(月) 応募開始(募集要項公開)

 5月7日  (月) 説明会参加申込締め切り

 5月12日(土) トヨノノドリーム募集説明会・質問書受付開始

 5月14日(月) 質問書受付締め切り

 5月18日(金) 質問書に対する回答(ホームページで回答予定)

 5月25日(金) 参加表明書提出締め切り

 5月30日(水) 提案書の提出締め切り

 6月5日  (火) 書類選考結果通知

 6月17日(土) 公開プレゼンテーション・審査

 6月下旬    トヨノノドリーム採用結果通知

     ▷▷ドリームスタート!▷▷

 

まずは、説明会に参加しよう!

 

 「それで…トヨノノドリームってどんなの?」「こんな夢、応募できるの?」「要項や様式を見てもよくわからない…。」

 それでは、トヨノノドリームの説明会に参加してみましょう。それぞれの募集項目の内容や、提出の仕方などをご説明します。あたらしい夢のアイデアが、そこで生まれるかもしれません!

 

 ~トヨノノドリーム募集説明会~

  日時:平成30年5月12日(土)14時から

  場所:豊能町立保健福祉センター

 説明会参加には申し込みが必要です。下記申込書にご記入の上、5月7日(土)17時までに、郵送、持参、FAX、メールにて秘書政策課までお送りください

 トヨノノドリーム募集説明会参加申込書(PDF)(新しいウインドウで開きます)

 ※ワード版は下記「関連書類」よりダウンロードしてください

 [提出先]

  郵送:〒563-0292 豊能町役場 秘書政策課

  持参:豊能町役場秘書政策課 又は 吉川支所

  FAX:072-739-1980

  メール:furusato@town.toyono.osaka.jp

  ※5月7日(月)17時までにお送りください

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは、秘書政策課です。

本庁舎2階 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町余野414番地の1

電話番号:072-739-3413 ファックス番号:072-739-1980

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2018年4月16日
  • 【更新日】2018年4月17日
スマートフォン用ページで見る