1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 税金>
  4. 特定配当所得・特定株式等譲渡所得の課税方式の選択について

税金

特定配当所得・特定株式等譲渡所得の課税方式の選択について

 上場株式等の特定配当所得・特定株式等譲渡所得について、源泉徴収があり、申告が不要の特定口座を選択した場合でも、税額控除の適用や譲渡損失の損益通算及び繰越控除等を行うために、確定申告や町府民税の申告をすることもできます。

 確定申告書を提出された場合には、町府民税の申告の必要はありませんが、町府民税の配偶者控除や扶養控除などの要件を判定するための合計所得金額に算入され、国民健康保険税・介護保険料・後期高齢者医療制度保険料その他の行政サービス等に影響が出る場合があります。

 この所得について、所得税では総合課税、町府民税では申告不要制度を適用するなど、所得税と異なる課税方式を町府民税において選択する場合は、当該年度の町府民税の納税通知書が送達される日までに確定申告書とは別に、「町民税府民税申告書」の提出が必要となります(申告の際は、次の申告書と確定申告書の控えの写しをご持参ください。)。

 

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは、税務課です。

本庁舎1階 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町余野414番地の1

電話番号:072-739-3417

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2018年3月16日
  • 【更新日】2018年3月16日
スマートフォン用ページで見る