1. ホーム>
  2. 町政情報>
  3. とよのに住もう>
  4. 「トヨノノレポーター」になる!>
  5. 「トヨノノレポーター」になる!6&7 記事をつくる

「トヨノノレポーター」になる!

「トヨノノレポーター」になる!6&7 記事をつくる

模擬取材

 1月13日。新年を迎えたトヨノノレポーター講座。いよいよ、これまで学んだことを活かして、記事をつくります。事前にチームで取材計画を作成。行程を確認し、極寒の中、それぞれの取材先に散っていきました。中には急に取材先がキャンセルになり、組み直すチームも…

 今回は6時間にわたるワークショップ!取材を終えた後は、内容を編集し、写真もその場でプリントアウト。A3用紙1枚に、これまで学んだ技術を活用して、雑誌の記事のように書き込んでいきます。「ペルソナの設定は?」「どの写真を使う?」「タイトルは?」。シンプルな記事でも意外に難しいんです。

 『『『『第6回』の画像』の画像』の画像』の画像『『『第6回2』の画像』の画像』の画像『取材先』の画像

雑誌のプロからアドバイス

『『第7回2』の画像』の画像 1月27日は昨晩から降った雪で真っ白!みんな出席できるかな…と思っていましたが、いつもどおり、にぎやかな会場となりました。

 第7回はLmaga.jpの編集長 金馬由佳氏に、みんなで作った記事について講評、アドバイスをいただきます。「SAVVY」や「Meets」など、地域やお店の魅力を伝えるプロの方ですから、どんな講評だろう…とすこし緊張です。

 各チームごとに取材や記事作成にあたって注意したこと、伝えたかったことなどを発表。金馬先生からはお褒めの言葉もたくさんいただきましたが、「そういうことであれば、このようにレイアウトすれば」「キャッチの部分はこの言葉を強調すべき」、と厳しいアドバイスもたくさん。改めて編集の難しさ、そしておもしろさを学ぶことができました。

『『『第7回1』の画像』の画像』の画像 講評の後は、質問タイムのあと、先生のお話し、という予定でしたが、受講者からの質問が次から次へと出てきます。「webと雑誌との違い」「色使い」「写真とプライバシー」「費用対効果」「魅力だけ伝えていてよいのか?」「ネタの探し方」などなど…。すごいです。結局先生のお話の時間がほとんどなくなってしまいました。民間のメディアと、地域がつくるメディアの違いはありますが、レポーターのこれからの活動を考えるうえで大切な時間となりました。

 次回は、いよいよ最終回です。「webでの発信の仕方」を学びます。

 (Instagramでは、受講者の方々の魅力発信がはじまっています。検索は「#トヨノノレポーター」で!)

 『タグライン』の画像

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書政策課です。

本庁舎2階 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町余野414番地の1

電話番号:072-739-3413 ファックス番号:072-739-1980

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2018年2月1日
  • 【更新日】2018年2月1日
スマートフォン用ページで見る