使用者の方へ

鉛管について

鉛管について

 水道本管から宅内に引き込まれている給水管の材質について、現在は塩化ビニル製が使われていますが、昭和50年代までは加工が容易なことから、鉛管が全国で広く使われていました。

この鉛管が使用されている場合、水道水が管の中で長期間滞留すると、ごく微量ですが鉛が溶け出す場合があります。

通常の使用では、鉛の濃度は国が定める基準値以下で、生涯にわたって毎日飲み続けても、健康に問題はありませんが、長期間留守にした時や朝一番の水については、念のため、バケツ1杯分をトイレや洗濯など、飲み水以外に使用してください。

 また、水道水に殺菌のために入っている塩素は、時間の経過とともに少なくなり、殺菌効果が低下しますので、鉛管が使用されていなくても、長期間使用しなかった場合は、同様としてください。 

 鉛管の布設状況等に関するご質問は、直接、豊能町上下水道部へお問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは上下水道部です。

吉川支所 〒563-0103 大阪府豊能郡豊能町東ときわ台1-2-3

電話番号:072-738-3311

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2017年11月7日
  • 【更新日】2017年11月7日
スマートフォン用ページで見る