1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 健康・保健>
  4. ウェルネスウォーキング>
  5. ウォーキングレポート>
  6. 余野街道(旧池田街道)を歩く~平野・木代地区~

ウォーキングレポート

余野街道(旧池田街道)を歩く~平野・木代地区~

ウォーキング・レポートvol. 13  2015.11.25    先人の歩いた街道をゆく~石仏をめぐって~


天気予報は、午後から雨。
朝からどんよりとした怪しげな空。
何とか午前中はもってくれ~。

昨年の11月にウェルネスウォーキングが始まり、今回から二年目に突入。
ということで、初めて東地区で開催しました。
今回の参加者は、58名。
中央公民館に集合しました。

本日のコースは、余野街道(旧池田街道)。
一般的には、余野街道を含め、池田~亀岡間を摂丹街道と呼んでいます。
余野街道は、北摂山間部の薪炭をはじめとする生産物の池田・大阪方面への輸送路として、
また妙見への参詣路のひとつとして利用されていたようです。
当時の街道の姿そのままを残しているところも、一部あります。
この街道を中心に石仏をめぐってのコースとなります。
『『『5-1街道』の画像』の画像』の画像
まずは、中央公民館を後にし、街道を南下していきます。
ちょっと寄り道してアドプト・リバー・余野を通って行きます。
「アドプト・リバー」とは、河川の地域住民等の自発的な清掃・美化活動について、
支援する大阪府のプログラムで、余野自治会が参加しています。
『『4-1たぬきやぶ』の画像』の画像
またまた街道を逸れ、次は一つ目の石仏「たぬきやぶ多尊磨崖仏」に向かいます。
豊能町東地区には、石仏・磨崖仏(まがいぶつ・自然の岩石や崖に刻まれたもの)が数多く点在しています。
特に一つの石に多数の仏像を刻んでいるものを多尊石仏、多尊磨崖仏と呼び、町内で7基確認されています。
府下でも珍しい石仏で、織田信長や高山右近が活躍した戦国末期に集中して造られています。
いずれも阿弥陀仏を中心に、その下部に同形の地蔵像が多数刻まれており、石仏を造った人々が自身の姿を地蔵に変えて、生前に自分の冥福を祈ったものと考えられています。
これらの仏像は、「逆修仏」と言われ、戦国の末期、苦しい生活を強いられた人々が、来世の安穏な生活を阿弥陀仏に祈って彫ったと言われています。
「たぬきやぶ多尊磨崖仏」にも16体の合掌する地蔵像が刻まれています。

「たぬきやぶ多尊磨崖仏」を過ぎ、木代(平野)地区を通って、再び街道に合流します。
平野の集落を過ぎると川尻地区に入ります。
この辺りの街道は、国道423号線とほぼ並走しており、しばらく進むと舗装路がなくなり、昔のままの街道の姿が現れます。
未舗装路の街道脇には、お地蔵さんも姿を見せます。
当時、地域の人々が道ゆく旅人の安全を祈願し、彫ったのでしょうか。

本日のコース最南端には、宝篋印塔、道標もあります。
それぞれの石仏のところでウォーキング推進員の上山さんが解説を付け加えてくれました。
みなさん、興味深く聞いておられていました。

コースは、余野街道(旧池田街道)道標のところから北上し、国道を横切り、川尻地区集落に入って行きます。
集落のかかりには、殿方庚申塔婆が建っています。

集落後半には、北ノ谷磨崖仏がコース下の杉林にあります。
見つけにくい場所にあり、こんな機会でなければ、なかなか見つけられないと思います。

集落を抜け、スタート地点の中央公民館へ帰ります。

約1時間40分程度の道のりでした。

石仏をめぐっての余野街道。
みなさん、満足気なご様子でした。
地元東地区の方も多数ご参加いただきましたが、はじめて通った方がほとんどのようでした。

機会があれば、また東地区でも開催します。
乞うご期待!


次回は、12月25日(金)「落ち葉の絨毯をちょっとだけ歩く=新光風台~ときわ台=」です。
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

写真提供:小林 昇 
2015.11.25 文・Y.N(事務局)
参考資料:「豊能町の石の文化財」「とよの散策ガイド」
中央公民館・西公民館で販売しています。
 

1.今回の集合場所は中央公民館

『1-1あいさつ』の画像

2.まずは、アドプト・リバー・余野を通って

『2-1アドプト』の画像 

3.街道を逸れ、たぬきやぶ多尊磨崖仏へ。途中、眺めの良いところがあります。

『『3-1遠景』の画像』の画像
写真まん中やや右の建物が役場本庁舎。奥の山を越えると亀岡市です。

4.たぬきやぶ多尊磨崖仏

『4-1たぬきやぶ』の画像
16体の合掌する地蔵像が刻まれています。

5.平野(木代)地区の集落を抜けます

『4-2平野』の画像

6.間もなく旧街道へ合流

『4-3』の画像

7.昔の風景が残る街道へ入って行きます

『5-3』の画像

8.街道脇のお地蔵さん

『『5-5』の画像』の画像
旅人の安全を祈願して造られたのでしょうか。

9.所々で上山さんから解説をしてもらう

『『5-4地蔵』の画像』の画像
ウォーキング推進員の上山さんの解説。写真は街道脇のお地蔵さんのところ。

10.宝篋印塔・地蔵像前 この先には街道の道標もあります

『6-1宝篋印塔』の画像

11.街道を離れ、国道423号線を横切り川尻地区へ入ります

『8-1川尻へ』の画像

12.集落内には、そこかしこに石仏案内看板が立ててあります。

『9-2』の画像

13.本日最後の石仏へ

『9-1北ノ谷』の画像

14.北ノ谷磨崖仏

『『10-1北ノ谷磨崖仏』の画像』の画像
道路下にあり、注意しないとわからない。
左に不動明王像、右に地蔵像が彫られている。

15.間もなくゴール

『『11-1ゴールへ』の画像』の画像
天気も何とかもちました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

保健福祉センター 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町東ときわ台1-2-6

電話番号:072-738-3813

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年12月1日
  • 【更新日】2015年12月2日
スマートフォン用ページで見る