1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 農林業>
  4. 鳥獣害対策用電気柵の安全確保について

農林業

鳥獣害対策用電気柵の安全確保について

電気柵との接触に注意してください!


<静岡県で電気柵との接触による死亡事故が発生>

   平成27年7月20日、静岡県において電気柵の電線が川につかり漏電したことによる感電死亡事故が発生しました。
   現在、現場検証が行われており、事故原因の解明が進められているところですが、適切な漏電遮断や変圧の措置が
行われていなかったことが原因と推察されています。

●電気柵とは

   田畑などで、有害鳥獣(イノシシやシカなど)から農作物をまもるため、電流による電気刺激によって、鳥獣を侵入
させないために設置された「さく」のことです。

   <参考> 消費者庁ホームページ
              鳥獣害対策用の電気さくに関する注意喚起(http://www.caa.go.jp/safety/pdf/150721kouhyou_1.pdf

●設置者の皆様へ

   電気柵の設置にあたっては、法令に基づき接触しても大きな怪我に至らないような安全管理の徹底が求められます。
   日頃より適正な管理に努めていただいているところですが、これを機に危険表示板の設置や設備の点検などをお願い
します。

   <参考>農林水産省ホームページ
              鳥獣による農作物等の被害の防止に係る電気さく施設における安全確保について
          (http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/anzen_kakuho_20150721.html

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農林商工課です。

本庁舎3階 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町余野414番地の1

電話番号:072-739-3424

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年7月23日
  • 【更新日】2015年7月23日
スマートフォン用ページで見る