1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 健康・保健>
  4. ウェルネスウォーキング>
  5. ウォーキングレポート>
  6. 高代寺へツキノワグマを見に行く~新光風台・旧山下道経由~

ウォーキングレポート

高代寺へツキノワグマを見に行く~新光風台・旧山下道経由~

ウォーキング・レポートvol. 8  2015.6.25    ショートコースへ参加

 6月25日はよく晴れて、集合場所の保健福祉センターへ来られるだけで汗ばむような陽気でした。

 今回は、高代寺の「ツキノワグマ」に会いに行くために、92人の方が参加。
 9.2Kmの難易度4のコースと、7.2kmの難易度3のコースがあり、体力に自信のない私は迷わず7.2kmのショートコースに参加しました!

 ショートコースは旧山下道を通らず、妙見口駅から吉川の町の中を抜けて山へ入り、『6.高代寺参道』の画像森の中のかなり急な山道を登っていきます。
本当に急なこと、急なこと。
 「歩幅は小さく登った方が楽だよ」「登るときは後ろの足は伸ばしきった方が疲れないから」など皆さんのアドバイスをいただきながら一歩一歩。

 森の中は杉や桜、もみじなどの樹木が青々と生い茂り、杉林の中に見える段々に作られた石垣は平安期の宿坊跡だとか。
 道端の古い道標は、かすかに刻まれた字がわかる程度に風化され、静かに私たちの歩みを見守ってくれているようです。

 山道を登りきると、もう高代寺はすぐそこにあり、「もう高代寺に着いたの?」とびっくりでするくらいでした。
 悲鳴を上げそうになっていた我が足も、どれほどほっとしたことでしょう。

 さあ元気百倍!とまではいきませんが、いざ高代寺へ。

 高代寺周辺は樹齢数百年という樹木も多く、特に寺の前には沙羅双樹の大木が堂々と立っています。
 そして寺の前を通り、やっとツキノワグマに会いに!ツキノワグマの家は大きな水色の鉄の檻の中でした。
 名前は「とよ」、5歳だそうです。
 お世話をされている熊森協会の方からお話を伺い、ツキノワグマの習性や保護されている方々のご苦労や野生動物への思いなど聞かせていただくことができました。『9.説明』の画像

 「とよ」も高代寺ではゆっくりと家の中を歩き、時々あたりを見回すなどやっと落ち着いた生活になってきたとのこと。野生には帰れないけれど、これから安心して高代寺の地で暮らしてほしいと願うばかりです。

 ウォーキング初心者の私にはショートコースもやっとでしたが、他の参加者の方々と一緒だからこそ歩けたようなものです。
 いろいろな方たちとお話しながらのウォーキングは、認知症予防にもなるし、楽しく健康づくりするには最適ですね!



次回は、7月25日(土)「とよのの涼を求めて初谷川へ行く」です。
暑い時季ですが、比較的木陰が多いコースです。
ぜひご参加ください。


2015.6.25 文・M.K(包括支援C職員)
 

1.まずは新光風台へ

『1.スタート』の画像

2.光風台大橋を通過

『2.光風台大橋』の画像

3.新光風台を歩く

『3.新光風台地内』の画像

4.ここから旧山下道へ入る

『4.旧山下道入口』の画像

5.旧山下道は歩きやすい道です

『5.旧山下道』の画像

6.吉川からの高代寺参道と合流し、坂道が続く

『6.高代寺参道』の画像

7.途中、眺めがいい場所も(右手奥は東ときわ台)

『7.高代寺参道2』の画像

8.高代寺に設置された熊檻

『8.熊檻』の画像

9.クマのお世話をしている日本熊森協会の方からお話をしていただきました

 『9.説明』の画像

10.クマの名前は「とよ」、オス、推定年齢5歳

『10.説明2』の画像

11.高代寺を後にし、新光風台へ

『11.新光風台へ』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

保健福祉センター 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町東ときわ台1-2-6

電話番号:072-738-3813

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年7月8日
  • 【更新日】2015年7月8日
スマートフォン用ページで見る