1. ホーム>
  2. 事業者の方へ>
  3. 建設>
  4. 土砂災害防止法とは

建設

土砂災害防止法とは

土砂災害を防止するため、従来は、砂防工事や地すべり防止工事などのハード対策を実施して対応を図ってきましたが、近年、ゲリラ豪雨の多発等により、土砂災害が発生する恐れのある箇所が増加しており、従来のハード対策では対応しきれなくなってきました。
そこで、土砂災害のおそれのある区域を明らかにし、危険の周知・危険区域内の住宅の移転推進等の、土木工事によらないソフト対策を推進することが重要となり、これを受けて、平成13年4月に施行されたのが土砂災害防止法です。
大阪府では、土砂災害から住民の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域についての危険の周知、警戒避難体制の整備、住宅等の新規立地の抑制、危険区域内の既存住宅の移転促進等を推進するため、土砂災害防止法による土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域の指定の推進を行っています。
詳しくは、下記のリンク先をご参照ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは建設課です。

本庁舎3階 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町余野414番地の1

電話番号:072-739-3423

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年2月23日
  • 【更新日】2015年2月23日
スマートフォン用ページで見る