1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 健康・保健>
  4. 日本脳炎の接種について

健康・保健

日本脳炎の接種について

平成17年から21年度の間に日本脳炎の予防接種の機会を逃した方の接種時期が緩和されました。

日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年から平成21年度まで日本脳炎の接種勧奨を差し控えていました。その後、新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。このため、平成742日から平成1941日生まれの方は日本脳炎の予防接種が不十分になっていることがありますので、母子手帳を確認のうえ接種しましょう。

接種方法

1期の接種回数および2期の接種に不足回数がある場合は不足分を接種することができます。ただし、2期については9歳以上での接種となります。

接種を希望される方は指定医療機関で接種してください。

対象者

平成742日から平成1941日生まれの方

接種期間

20歳未満までの間

今までの接種

接種方法

1期初回接種を1回受けた場合

1期接種を6日以上の間隔をおいて残りの2回を接種。

2期接種は9歳以上になり、1期接種終了後6日以上の間隔をおいて接種。

1期初回接種を2回受けた場合

1期接種を6日以上の間隔をあけて残りの1回を接種。

2期接種は9歳以上になり、1期接種終了後6日以上の間隔をおいて接種。

1期初回・追加接種が完了している場合

2期接種を9歳以上になり、1期接種終了後6日以上の間隔をおいて接種。

1期初回接種を受けていない場合

1期接種を6日から28日までの間隔をおいて2回接種。追加接種として初回終了後おおむね1年を経過した時期に1回接種。

2期接種は9歳以上になり、1期接種終了後6日以上の間隔をおいて接種。

※接種方法が分からない場合は保健福祉センターへお問い合わせください。

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年2月19日
  • 【更新日】2015年2月25日
スマートフォン用ページで見る