使用者の方へ

冬の備えについて

寒さの厳しい、12月から2月にかけては水道管やじゃ口の凍結にご注意ください。特に気温が-4℃以下や、一日中氷点下の真冬日が続いたときは、水道管内の水が凍ったり、水道管が破裂しやすくなりますので、管がむき出しになっているところ、北向き、日陰にあるところ、風当たりの強いところの水道管は、早めに冬じたくをしましょう。

凍結を防ぐには

凍結を防ぐには、水道管やじゃ口の部分を保温材(布切れ・発砲スチロールなど)で覆い、濡れないようにその上からビニールテープを巻きましょう。メータボックス内には、使い古しの毛布や布切れなどをいれて保温しましょう。

水が出ないときは

凍って水が出ないときは、水道管やじゃ口にタオルや布をかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてとかします。急に熱湯をかけると、破裂することがありますので特に注意してください。

破裂してしまったら

水道管が破裂してしまったら、まず止水栓(メータボックスの中など)をしめて水を止め、破裂した部分に布かテープをしっかり巻きつけて応急処置を行い、町の指定業者へ修理を依頼してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは上下水道部です。

吉川支所 〒563-0103 大阪府豊能郡豊能町東ときわ台1-2-3

電話番号:072-738-3311

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年2月17日
  • 【更新日】2015年2月17日
スマートフォン用ページで見る