1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 税金>
  4. 公的年金所得者の確定申告手続が簡素化されました

税金

公的年金所得者の確定申告手続が簡素化されました

~公的年金収入400万円以下の方は、確定申告が不要になる場合があります~

1年間(1月1日~12月31日)の公的年金等の収入金額が400万円以下で、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合は、確定申告書を提出する必要がなくなります。
(平成23年分以後の所得税について適用されます)

※複数の公的年金等を受給している方は、合計収入金額が400万円以下かどうかで判断してください。
※医療費控除や生命保険料控除等を加えるなどして、所得税の還付を受ける場合は確定申告が必要です。

所得税の還付を受けるための確定申告書を提出する場合は、公的年金等以外の所得金額が20万円以下でも、その所得金額を含めて申告をする必要があります。

ただし、次の点にご注意ください。

確定申告書を提出する必要がない方でも、公的年金等以外の所得(20万円以下の場合も含みます)がある方、医療費控除や扶養控除、生命保険料控除等、各種控除の変更がある方は町府民税(住民税)申告が必要となります。

町府民税申告をしていただかないと、次年度の町府民税額に影響が出る場合があります。

この件についての詳細は、税務課へお問い合わせください.

確定申告については、国税庁ホームページをご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

本庁舎1階 〒563-0292 大阪府豊能郡豊能町余野414番地の1

電話番号:072-739-3417

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

豊能町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年2月16日
  • 【更新日】2015年2月16日
スマートフォン用ページで見る